太陽光発電3

全3回でお伝えしております「太陽光発電」。
今回はついに最終回!太陽光発電に関するお金についてご説明していきます( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )




まずはこちらをご覧ください
プレゼンテーション1.jpg
2009年に1kWあたり48円だった売電価格は、10年経った2019年にはなんと1kWあたり24円と半額にまで下がっています。


しかし!これから太陽光発電の導入を考えているご家庭には、売電価格が下がっているのはデメリットではなくむしろメリットなんです!


固定価格買取制度(再生可能エネルギーで発電した電気を、電力会社が一定期間中は同じ価格で買い取ることを国が約束する制度)が定める売電価格は原則として


「設置者が太陽光発電の設置費用などの初期費用を回収できること」


です。つまり、売電価格が定っているということは・・・?


「太陽光発電を設置するコストが下がっている」ことを意味しています( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )




設置にかかる費用が年々安くなっている!
kuroko0I9A6188_1_TP_V.jpg
2011年、1kWあたり46.8万円かかっていた設置費用が2019年は30.8万円(相場価格)にまで低下しています。


例えば、設置面積を5kWで計算すると・・・


2011年・・・234万円
2019年・・・154万円



なんと80万円もの差が!


太陽光発電システムは、技術の進歩により設置容量が増え、設置する需要も増えたことから全世界的に価格が下がってきているのです。




さらに家咲ではもっとお得に・・・!?
PAK86_testderuzo20141123172553_TP_V.jpg
家咲では、全国の工務店と共同購入することにより、


1kWあたり23万円~ご提供しております!
※設置に必要な足場代別途、屋根の仕様により多少前後します


先ほどと同じく設置面積5kWで計算すると・・・


全国平均2011年・・・234万円(1kW:46.8万円)
全国平均2019年・・・154万円(1kW:30.8万円)
家咲 ・・・・・・・・115万円(1kW:23万円)



2019年の全国平均と39万円の差が!
・・・ちなみに2011年の全国平均と比べると119万円も差があるんです(σ⁎˃ᴗ˂⁎)σ




住宅をZEH化することができる!
gahag-0099128443.jpg
ZEH=【Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス】


一言で解説すると、高断熱や消費電量が低い電力設備などによりエネルギー消費量を抑え(省エネ)、太陽光発電によってエネルギーを創り、年間の一次消費エネルギー量の収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅を指します。


地球温暖化防止のため国をあげて行っている新築住宅のZEH化には


・2020年までに「新築の50%以上をZEH化」
・2030年までに「新築の100%以上をZEH化」



という目標があり、住宅をZEH化するためには「太陽光発電」が必須条件のひとつなんです。


2019年9月のニュース情報で環境省は2020年ZEH補助金は1戸あたり60万円を支援する方針、19年度よりもさらなる普及を目指し、補助対象戸数を増やす考えだと述べています。


国はZEH化を普及させるためにZEH仕様の住宅を建てればお金がもらえる「ZEH補助金」を毎年行っていたり、建築会社と連携しながら「どうすればZEHが広まるのか」という研究をしつつ、ZEHの種類を増やしたり、制度の見直しをおこなったりしているわけです。


つまり、ZEHは「毎年、進化を続けながら、必ず広まっていくもの」ということはぜひ覚えておきましょう。






さいごに
gahag-0077848530.jpg
全3回に分けてお届けしてまいりました、再生可能な次世代エネルギーとして注目されている「太陽光発電」。


発電時に二酸化炭素を出さず、地球にやさしい次世代エネルギーとして世界中で導入されています。


「電気代の削減」「住宅をZEH化することができる」・・・などなどメリットはたくさん!


太陽光発電の補助金や売電価格は、年を追うごとに内容が変わる可能性があります。


現在は、国を挙げて再生エネルギーを有効に活用する制度が進められており、太陽光発電導入に最適な時期だといえるでしょう。



しっかりと仕組みを把握して、最大限に太陽光発電を活用しましょう!(ㆁᴗㆁ)♪

太陽光発電2

全3回でお届けしている「太陽光発電」。


今回はデメリットについて詳しく見ていこうと思います。


太陽光発電のデメリットといえば
kuchikomi1081_TP_V.jpg
太陽光発電のデメリットとして思い浮かぶのは


・高く売電できるのか
・初期投資をしてまで元が取れるのか
・屋根に設置した場合雨漏りが出るのではないか



・・・などという不安要素がメインになるのではないでしょうか?


しかし、太陽光発電を設置しても、生活に支障が出ることはほとんどなく、かかる費用のメインは初期投資でメンテナンス費用はそれほど大きくはありません。


デメリットがあるといったら、確実なマイナス面が存在しているというより、導入に対して不安に感じてしまうことなのです。



初期導入費用が高い
kuchikomi1384_TP_V.jpg
太陽光のパネルは、以前と比べて価格が下がってきたといっても、最新技術を駆使した商品のため、初期費用はある程度かかります。
さらに屋根に設置するとなると、屋根を傷めない工事が必要となり、足場の設置費用も掛かるため設置費用が高額になるのは確かです。


太陽光発電は、一軒あたり100万円以上かかるケースが多いことでしょう。
これだけの高額商品を購入するとなれば、貯蓄の一部を取り崩すか、初期費用を用意できなければローンを組むことになります。
ローンを利用すれば、太陽光発電の金利は2%台であることが多く、現在の貯蓄が減るリスクは回避できるといえるでしょう。


また、太陽光発電の業者選びに失敗すると、法外な値段で設置費用を請求されるケースもあります。
太陽光発電は一般の人に馴染みがないため、知識が乏しいと通常よりも高い値段で売りつける業者もいるようですから、注意が必要です。




定期的にメンテナンス費用がかかる


太陽光発電にかかるメンテナンス費用は、初期費用に比べて非常に少ないといえます。
ただし、まったくかからないというわけではありません。
メンテナンスフリーで、10年も20年も維持することができる投資とは異なります。


一般家庭に太陽光発電を設置した場合のメンテナンス費用は、20年間で30万円を想定しておく必要があります。


◎費用の内訳その1 パワーコンディショナーの交換 20万円


パワーコンディショナーは、太陽電池モジュールから電力エネルギーを取り出し、取り出した電力を交換電力に交換する役割を担っています。


屋内型と屋外型が存在しており、一般家庭なら屋内型を設置します。
3kWの一番小さなタイプでも、20万円台となることが多いようです。


◎費用の内訳その2 定期点検費用 20年間で10万円


これは1回あたり2万円の点検を4年に1度実施した場合の費用になります。


太陽光発電自体は、20年以上の寿命となるため、それ以上の期間で売電収入を得るためには、メンテナンス費用を考えておく必要があるでしょう。
ほかにも屋根への設置の場合、屋根の劣化の問題もあるため、新築時に設置したほうが総合的な費用は安くなります。




台風や火災などで壊れることがある
150909085567_TP_V.jpg
台風で飛来してくるゴミなどがぶつかると、ソーラーパネルが傷つく原因になります。さらに、ソーラーパネルは可燃物ですので、発電システムの周辺の出火には十分に気を付ける必要があります。


このリスクは施工技術によってカバーできるものもあります。施工品質が高い業者に依頼することも、太陽光発電の事故を予防する有効な方法です。
ソーラーパネルやパワーコンディショナーは、メーカー保証(出力保証:15~25年・製品保証10~15年)がついていますので、よく内容をチェックしておきましょう。


また、屋根に載せた太陽光発電は住宅用火災保険の補償範囲に含めることができます。




売電できなくなるリスク


太陽光発電の売電買取は、再エネ特措法で定められた、太陽光発電の余剰電力買取制度により、10年間の買取が保証されています。
この制度は、自宅等で使う電気を上回る発電をした場合、余剰分を10年間電力会社に売ることができる制度です。


買取に必要となる費用は、再生可能エネルギー発電促進賦課金として、電気を使うすべての人で負担しています。
住宅であるかの判断は、太陽光発電の規模となっており、10kW未満か10kW以上かで判断しています。
店舗や事務所を兼用している場合でも、規模が小さければ住宅とみなされるのです。


また、売電できなくなるリスクは、出力制限による不安要素もあります。
出力制限は出力に関係なく、すべての太陽光発電設備が対象となるものです。
しかし、指定電気事業者に電力会社の需給調整にかかる地域において、50kW未満の太陽光発電設備は当分の間対象外となっています。


現時点で、制御がかかる可能性があるのは産業用ですが、もし出力制御に不安を抱えているのであれば、出力制御保証制度がある業者を通して設置する方法もあります。




反射光で近隣トラブルが起こるリスク
AME19716045_TP_V.jpg
太陽光発電パネルのソーラーパネルに反射した光で、近隣トラブルになるリスクがあります。
この場合は、北側屋根に設置したケースが多く、それ以外の場所ではあまり問題は起きていません。


その理由は、採光のため南側に大きな窓を設置する家庭が多いためです。
設置場所を考慮すれば、トラブルを防止することが可能です。




蓄電池がなければ夜の発電ができない


発電した電気は、基本的に溜めておくことはできないため、夜も発電したいと考えているなら、家庭用蓄電池の設置が必要です。
太陽光発電の実で、夜は発電することはできませんから、発電した電気を夜に使いたい場合や、売電したい場合は、家庭用蓄電池を設置しなければなりません。


畜電池を導入して夜でも余剰電気を増やすと、ダブル発電という形態に当てはまり、売電買取単価が下がってしまいます。
しかし、最近では、ダブル発電の適用にならない蓄電池システムもありますから、これを利用することで単価を下げずに余剰電力を売電することが可能になっています。




さいごに
gahag-0077848530.jpg
太陽光発電のデメリット6つ、いかがでしたか?
どんなデメリットにも、必ず解消策があります。ひとつひとつ不安要素を減らしていくことが重要ですね(*ˆᴗˆ*)


次回はついに最終回!実際の価格問題について詳しく掘り下げていきます!
更新をお楽しみに(ㆁᴗㆁ)♪

太陽光発電1

徹底解説!やまぐちで太陽光発電、しませんか?

gahag-0097141097.jpg
家の屋根や、空き地に並ぶソーラーパネル。最近、太陽光発電を見かける機会が増えたように感じませんか?


太陽光発電がこれほど増えた理由は、魅力やメリットを認める人が次々と現れているからです。今回は太陽光発電についてを全3回に分け、徹底解説します!


太陽光発電システムの仕組みや、太陽光発電を始める人たちが感じているメリット、デメリット。身近でエコな太陽光発電がどういうものなのか、一緒にみていきましょう(ㆁᴗㆁ)♪


太陽光発電とは?
TSURU170321-85mm-109_TP_V.jpg


太陽光発電は、太陽の光エネルギーで発電することです。太陽の光はたくさん使っても枯渇しないので、再生可能エネルギーの1つとされます。モノを燃やして電気を作る火力発電などと違って発電するときに二酸化炭素などの有害物質が出ない特性を持つため、世界中でも303GW(ギガワット)以上の太陽光発電が導入されています。


大きな気候変動を防ぐために、世界の国々が太陽光発電に注力しているのです。


太陽光発電システムの仕組み


たいようこうしくみ.png


① 太陽光パネル

太陽の光を受けて、電気を作ります。太陽のない夜は発電できませんが、曇りや雨のような太陽が隠れているときは少し電気を作ることができます。


② 接続箱

太陽光パネルで発電した電気を1つに集めます。


③ パワーコンディショナー

太陽光パネルで発電した電気は、直流電力といってそのままでは家の中で使えない電気なので、家の中で使える「交流電力」に変えています。


④ 分電盤(ぶんでんばん)

電気を各部屋に送ります。余った電気は⑤電力量計を通って電力会社へ送られます。


⑤ 電力量計

発電して余った電気は電力会社に売ります。売った電気の量はこの電力量計で量ります。




太陽光発電のメリット
YUUKI150321140I9A4377_TP_V.jpg


太陽光発電は、発電するときにCO2を出さないことが最大の魅力です。空気を汚さず、騒音もなく、メンテナンスも簡単!( ᐢ˙꒳˙ᐢ )


日本で住宅用の太陽光発電を始めるときの、6つのメリットを紹介します。


光熱費を削減できる


太陽光発電の電気を自家消費すれば、電気代が0円に。太陽光電気をつけている家庭は、昼間の電気が高くて夜が安い特殊な電気料金プランを使います。昼間の電気は安いので、普通に暮らすだけで節約できます。さらに、売電量を増やすために、節電習慣が身につく人が多いです。つまり、昼も夜も、節約効果がずっと続きます。


余った電気は売ることができる(固定価格買取制度)


住宅用の太陽光発電は、自家消費で使いあました電力を売って、副収入が得られます。固定価格買取制度の10年間はできる限り節電して、売電量を増やすほうが収入が増えます。10年間、太陽が出ているだけでお金が入る家になるのです。


災害の時などの停電時にも電気を使える


停電が起こった時も、太陽光発電の自立運転モードを使えば自家発電できる安心感が得られます。非常時の情報収集に重宝するスマホなどの充電に、蓄電池への充電など、万一の時に電気が確保できるのは太陽光発電の大きなメリットです。東日本大震災後の電力不足をきっかけに購入した人もたくさん居ます。


ソーラーパネルは故障が少ない


ソーラーパネルが故障するのは、組み立てるときに余計な衝撃が加わったり、汚れや設備の隙間を放置してしまったことが多くの原因です。腕の良い施工会社を選び、こまめに点検と洗浄をすることで、大半のトラブルが防げます。


太陽光発電を導入している方向けのおトクな電気料金プランがある


太陽光発電で電気代をお得にするために、昼間の電気が高くて夜間の電気が安い「時間帯別電灯」という電気料金プランを使います。太陽光発電ユーザー専用の電気料金プランが、新電力(※)から続々と登場しています。
※ 2016年の電力小売自由化で新しく登場した電力会社。売電と買電する電力会社は別にすることができます。


蓄電池やエコキュートなどの設備と組み合わせで電気代がゼロ円に!?



自家発電した電気は、いくら使っても電気代がかかりません。太陽光発電の電気で蓄電池を充電したり、エコキュートのお湯をためると、生活にかかる電気代をゼロ円にすることだって可能です。


とくにプロパンガスをお使いの家庭は、ガスよりも電気の方が安い傾向にあります。
自家発電でオール電化に変えると、光熱費の大きな節約効果が期待できるのです。




さいごに
gahag-0077848530.jpg


光熱費を削減できるだけでなく、台風や地震、豪雨などの災害時にも電気が使えるという安心感は太陽光発電ならではですね。(。•ω- 。) ⌒♡


さて次回は、メリットは真逆の「デメリット」に焦点を当てていこうと思います。更新をお楽しみに!(ㆁᴗㆁ)♪