耐震・制振・免震の違い



「耐震構造」「制振構造」免震構造」
という3つの構造形態があるのをご存じですか?
今回は、それぞれの特徴をご紹介します。


耐震構造
2212318_s.jpg
耐震構造:建物の堅さと強さで地震に抵抗する構造


・地震の規模によっては主架構(柱・梁・壁)に損傷を生じる。
・大地震の時には建物全体にわたり損傷の程度を調査し、可能な限り修復を行うことになる
・建物の揺れは、他の構造に比べて大きくなる。
・グレードに応じた経済的なコスト設定が可能。
・コストを抑えるには、バランスよく壁などを配置することが重要




制振構造
884044_s.jpg
制振構造:建物内に配置したダンパーで、地震エネルギーを吸収



・ダンパーが地震エネルギーを吸収し、建物重量を支える主架構の損傷を抑える。
大地震に主架構の損傷をゼロにすることも可能。
・大地震後にも基本的にダンパーの交換は不要。
性能が低下したことが分かった場合は、補修・交換することで、地震前の状況に戻すことが可能。
・耐震構造に比べ、風揺れや地震時の揺れを小さく抑えることができる。
・耐震構造に比べ、ダンパーの効果により建物の層間変形は小さくなる。
・建設費に占めるダンパー費用の比率は小さく、経済的に高い耐震性能が得られる。
・ダンパーを適切に配置できる平面計画が重要。




免震構造
1135899_s.jpg
免震構造:アイソレータで浮かせ、ダンパーで地震エネルギーを吸収


・免震層のダンパーで地震エネルギーを吸収し、建物に損傷を与えない。
・大地震後にも基本的にダンパーの交換は不要。
・耐震、制振構造に比べ、建物の揺れは小さくなります。
・免震層は数十cmの変形に追随することが必要ですが、駐車場等に利用可能。
・耐震、制振構造に比べ、建物の層間変形は小さくなる。
・初期設定費はやや高めとなりますが、高い耐震グレードを達成するには他の構造より経済的。
・自由度の高い建築計画が可能。




いかがでしたか?
地震に対する備えも、様々な方法があるんですね。
次回もお楽しみに!(ㆁᴗㆁ)♪




PageTop