「ヒートショック」についての話

2219823_s.jpg


日本のほとんどの住宅は、リビングと廊下や水回り部分を比べると
約6~10℃の温度差があります。


ヒートショックとは、そうした暖かい部屋から寒い部屋、
又はその逆というように温度が急に変化した際に
血圧や脈拍が上昇または下降して心臓や血管に大きな負担をかけること
です。


ヒートショックが最も起きやすいのは冬場のトイレや浴室といわれています。
浴室事故の70%は脳卒中などの循環器系障害によるもので、
・ヒートショックにより亡くなられる方 約17,000人/年
・交通事故により亡くなられる方    約 3,900人/年


ヒートショックで亡くなる人は交通事故死者の約4倍です。


つまり、道路上よりも家の中のお風呂のほうが4倍も危険だということです。




住宅内で温度差が出やすい場所
2178731_s.jpg


住宅内で温度差が出やすい場所は、以下のエリアです。
特に、肌を露出する「お風呂」や「トイレ」では注意が必要となります。
これらの場所を20℃程度の室温へと調節することで、血圧変動のリスクを
軽減することが出来るとされています。


・脱衣所
・洗面所
・浴室
・トイレ
・廊下
・玄関




ヒートショックを予防する2つの性能『断熱』と『気密』
2227619_s.jpg


様々な健康被害を引き出すヒートショックですが、原因はどれも寒い家が
もたらす「家の中の温度差」です。


家の中の温度差が激しい家とは、「断熱性能」と「気密性能」が悪い家のことです。


そうした住宅は家全体を温めるために非常に大きなエネルギーを消費するので、
住人は節約のためにリビングやよくいる部屋だけを温めて、使われない部屋や
廊下、浴室などは非常に寒い状態で放置されます。


こうして家の中で過度な温度差が生じ、ヒートショックの起きる危険な環境が
出来上がってしまうのです。


こうした危険を回避するために住宅を選ぶうえでチェックしておきたいのが、
「断熱性能」と「気密性能」の2つです。


家咲では、家族全員がヒートショックを心配することなく健康で快適に過ごせる
「本物の健康住宅」を建てています。(ㆁᴗㆁ)♪




PageTop