割安感に隠れた裏側を冷静に見る

860695_s.jpg


例えば、1つ400円の商品が2つ必要となり買い物に行ったところ、3つ買うと1000円という特価売りをしていたら思わずその割安感に飛びついてしまいませんか?


しかし、もし余分に買ったもう1つは必要なかったとしたら、200円無駄な出費をしてしまったことになります。


また、同じ食品でもお店によって価格設定が違ったり、日によって価格設定が違ったりするため、少しでもお得な買い物をしようとわざわざお店をハシゴしてしまうことはないでしょうか?


しかし、その場合も100円お得に買い物をするために100円以上ガソリンを余分に使ってしまったとしたら、それは決してお得な買い物をしたとはいえません。


このような価格のトリックは私たちの冷静な判断力を鈍らせてしまうわけなのですが、家づくりにおいても同じように価格のトリックが私たちの冷静な判断力を鈍らせ、逆に高い買い物をさせてしまいます。




2780756_s.jpg


例えば、中庭がある延床面積25坪の平屋を建てるとしたら、その家の坪単価は消費税まで含めると引き渡し価格で約70万円前後になります。
(中庭は延床面積には含まれませんが、中庭の工事費用は価格には含まれます)


一方、中庭がある延床面積30坪の平屋を建てるとなると、その家の坪単価は約65万円前後となり、先程よりも約5万円ほど坪単価が安くなります。
もちろん、全く同じ条件で家を建てると仮定してです。


つまり、坪単価は家の面積が小さくなればなるほど割高となり、家の面積が大きくなればなるほど割安ということになるのですが、坪単価に価格の比重を置いてしまうと大切なことを見落としてしまうことになります。


25坪の家は、坪単価は70万円するかもしれませんが、家の総額は1750万円です。
それに対して30坪の家は坪単価は65万円と25坪の家と比べて5万円安くなるかもしれませんが、家の総額は1950万円と200万円高くなります。


この場合、もしあなたが家にかけていい予算が1750万円だったとしたら、あるいはあなたにとって十分な広さが25坪だったとしたら、わざわざ予算を上げてまで家を大きくすべきではありません。


もし200万円予算が上がったら、そしてその予算を住宅ローンでまかなうとしたら、さらに金利が加わることになるので、あなたの予算は240万円上がることになります。


そして、これはあなたが家以外のことに自由に使えるお金が240万円減ったということでもあります。




353237_s.jpg


また、割安感とは違う話になりますが、土地に関しても無駄に広い土地を購入する必要はありません。


というのも、もしあなたにとってちょうどいい土地の広さは50坪であるにもかかわらず何らかの理由によって60坪の土地を買ってしまったとしたら、その10坪分、出費が増えてしまうからです。


もし、坪単価が20万円だとしたら、200万円予算がアップしてしまうことになるし、家同様、金利まで含めると240万円予算がアップしてしまうことになります。


しかも、土地の場合はその増えた面積分"庭"の工事予算までもアップしてしまいます。


その上、家が大きくなれば電気代も高くなりやすいし家も土地も広くなった分、固定資産税も高くなってしまうことになります。


つまり、生涯払い続ける2つのランニングコストが高くなってしまうというわけです。




2693762_s.jpg


家づくりをするときは、どうしても金銭感覚がマヒしてしまいいとも簡単に予算が上がってしまいます。


ですが、その上がってしまった予算のしわ寄せは遅かれ早かれ、確実に家以外のところにやってくるものです。


目先の割安感に惑わされないよう、また、金銭感覚の麻痺にならないよう常に冷静に予算とのバランスを見ながら家づくりを進めていただければと思います。(ㆁᴗㆁ)♪