ライフプランの必要性

ライフプランで将来にわたる資金計画を
3229186_s.jpg


住宅ローンを組む前に、必ずやっていただきたいこと、
それはライフプランの作成です。


なぜライフプランを作成するかというと、
長期にわたって返済していく住宅ローンに家計が対応できるのか、
将来まで見据えた資金計画をしなければ、
お子さんの教育費や車の買い替え、金利の上昇などに対応できず、
住宅ローンが払えなくなってしまう危険性があるからです。


近年、住宅ローンが支払えず持ち家を手放す人が増えています。
その割合は10人に1人ともいわれています。


その中でも自己破産にまで陥ってしまうケースは
住宅ローン支払い者の100人に1人の割合なのです。




金利や借入可能額だけで銀行を決めるのは危険
3338518_s.jpg


住宅ローンを組む際、住宅会社が勧めてくることが多いのは
一見条件が良い提携している銀行の商品です。


「固定金利なら2500万円まで借り入れられますが、
変動なら3000万円まで借りられます。」



このような場合、借入可能額と返済可能額は一致しているのでしょうか。
ライフプランを作成せず、将来の来るべき支出も分からないまま、
返済可能なギリギリのラインで住宅ローンを組んでしまったとします。
この場合、次のような危険が待ち受けています。


・金利が上昇する
・思ったほど収入が増えないor減ってしまった
・出産のため、妻が産休に入って減収となった(共働きの場合)
・習い事や進学で出費がかさんだ
・病気等で減収となった
・車が故障して買い替えになった


etc...



上記のようなあらゆる危険、ピンチが潜んでいるのです。
そしてこれは、誰しも起こりうることなのです。




ライフプランをもとに、総合的に判断して住宅の予算を決める
1289047_s.jpg


一昔前は金利が今よりも高く、
頭金を入れて住宅ローンの借入額を少なくすることはいわば常識でした。


しかし、超低金利の今、頭金を数年かかって貯めるのか、
適正価格で住宅を購入するのか、どちらが得なのでしょう。


個人の価値観もありますが、
頭金を貯めている間に金利が0.5%上昇したとしましょう。
・・・住宅ローンの総支払額は300万円増えてしまいます。
頭金を200万円貯めていたとすると、
貯めていたはずなのに100万円のマイナスです。




そんなことにならないように、
今現在の収入、建てたい家の価格、土地に充てられる予算、先々の支出・・・
それらのことを総合的に「プロ」に判断してもらうことが重要なのです。
みなさんも、ぜひ、一度はライフプランを作成してみましょう。(ㆁᴗㆁ)♪






家の形いろいろ





家づくりには何かと予算が付いて回ります。
一般的には家の形で価格に違いがあるのをご存じですか?
今回は、家の形の違いでどんなメリットがあるのか、
または価格の違いがあるのか
お話しします。




家づくりでポイントになる家の形
2.png


住宅の価格や仕様は住宅会社によって異なりますが、
一般的には家の形により、価格にかなりの幅がうまれます。
まずは、一番「お金のかからない」家の形からお話しします。




四角い形をした総2階の家
11.png


家づくりの中で一番お金がかからない家の形は四角い形をした総2階の家です。
非常にシンプルな形をしているため、材料に無駄がなく建物にかかるお金を抑えることが出来ます。


総2階の家とは、2階建ての建物で、2階の面積が1階と同等、
もしくはほとんど同じ家のことを指します。




総2階建ての家は、他の形の建物と比べ価格が安い


やはり総2階建ての一番のメリットは価格が安いことでしょう。
家の形に特にこだわりがなく、価格を抑えた家づくりをされたい方は
迷わず総2階建ての建物を選ぶと良いでしょう。


また、価格を抑えられるのは建てる時ではありません。
建てた後に生じる将来の外部メンテナンスにかかる費用も少なくて済みます。
つまり、総2階建ての建物は経済性に優れた建物だということを意味します。




総2階建ての家は、地震など耐震性に優れている。


一般的には建物は真上からの重さに対しては、柱で支えることが出来るので優れていますが、横からの力には非常に弱い傾向があります。
その点、総2階建ての家は、建物の横からくる力が上の階と下の階同じ場所にあるため、
地震時の横揺れや台風の時の横からの強風に強い形の建物となります。
ただし、必ずしも耐震性がいいわけではなく、もちろんその他の要素も大きく関わってきます。
例えば外壁の凹凸が多くなるほど耐震性に弱くなり、また経済性も落ちてしまいます。




太陽光パネルを設置しやすく、機能性を高めやすい
052641.jpg


総2階建ての建物では、屋根を有効に活用することが出来るため、
屋根などに載せる太陽光発電で必要な太陽光パネルを使用するときに最大限のメリットを発揮します。


また、総2階建ての家では、壁面に凹凸が少なく死角が少ないため泥棒にも狙われにくく防犯上優れた建物といえるほか、
屋根の形も単純な形となるため、他の形に比べて雨漏りの原因が減ります。




熱損失が少ない


総2階建ての建物は建物の凹凸が少ない分屋根や壁の面積が少なくなります。
一般的に建物は凹凸が多いほど外部の熱環境の影響を受けやすく断熱性が低下します。
総2階建ての建物は建物の構造上、熱損失を最大限に抑えられるため、その分熱損失が少なくなります。




コの字型、L字型など、角の多い家
22.png


L字型やコの字型になれば四角い家と比べ、壁を新たに作る必要があります。
つまり、壁が増えた分材料が増えます。
材料が増えるだけでなく、角が増えるので、角を処理するための手間も必要になります。
依頼する会社によって違いますが、角が1か所増えるだけで
10万円から20万円ほど金額に差が出ますから、これはバカにできない金額となります。


しかし、コの字型やL字型は、以下のメリットがあります。

・デザイン面で優れた、見栄えのする家にすることができる
・複雑な土地や地形に対応できる
・採光を工夫できる
・開放感のある中庭を作ることが出来る
・風通しがよくなる




平屋の家
33.png


平屋とは、1階だけで2階がない家のことを言います。
特に、年配の方に人気があるのがこの平屋です。
また、平屋を建てるには、ある程度の土地の広さが必要となるので注意が必要です。




生活動線が短く暮らしやすい


平屋の最大のメリットは、移動が楽ということにあります。
無駄な段差もなく、一般的に建物の構造自体が非常に単純であるため、
建物全体を楽に移動することが出来ます。


特に小さなお子様がいる場合は、目の届く範囲内にいることが多いですし、
階段から落ちる心配もないため安心感を得ることが出来ます。
また、掃除もしやすく、布団などを干すのも楽にできるでしょう。




建物のメンテナンスがしやすい


平屋建ては足場が必要ないので簡単に屋根に上がることが出来ます。
そのため平屋は、2階建てより安い価格でメンテナンスを行うことができます。




年をとっても無理なく過ごせる
3.png


年を取ると階段を使って2階に移動するのは大変。
その点、平屋は段差がないので、年をとっても無理なく過ごすことが出来ます。




開放的で風通しがよい


平屋の場合はその構造がゆえに窓を開けると風が家全体を吹き抜けます。
また、平屋は2階へ続く階段もないため収納を増やすなど、
ワンフロアというスペースを最大限有効的に活用することが出来ます。




家族とのコミュニケーションをとりやすい
4.png


平屋はどこにいても家族の存在を感じることが出来ます。
家族がリビングに集まる機会が多いため、自然と会話が生まれます。




平屋で気を付けること


平屋は夜窓を開けて寝る、なんてことはうかつにできません。
防犯には十分に注意する必要があるでしょう。
そして、平屋は意外とコストがかかります。
資金計画や土地の確保をしっかり検討することが重要です。




復層階の建物と比べて構造的に強い


高さがなく、軽いため風や地震などの影響を受けづらいメリットもあります。




まとめ
298806.jpg


今回はそれぞれの家の形によるメリットを主に紹介しました。
形が変われば家の表情も変わります。
好みだけではなく、様々な要素を知ったうえで家の形を決められるといいですね。(ㆁᴗㆁ)♪


梅雨の季節、湿気対策に

024maeda3g20418_TP_V4.jpg

雨の多い梅雨の季節、湿気対策はどうされていますか?
いろいろな除湿グッズが売り出されているのを見ると、
やはり湿気でお悩みの家は多いのだと気づかされます。


でも、乾燥しすぎるのも、それはそれで問題です。
湿気が多いときは吸い込んで、乾燥したら吐き出してくれる、
こんな便利なものがあったら、いいですよね!?
電気代もかからず、環境にやさしい湿気対策をコッソリ教えます。


湿気対策と聞いて、まず思い浮かぶのは除湿器です。
一晩で水がいっぱい溜まるのを見るとびっくりしますが、
一番手っ取り早いのはやっぱり除湿器かもしれません。


でも、全ての部屋に除湿器を備えるのは電気代も含め
かなりの費用が掛かってしまします。
そこでオススメなのが『珊瑚の壁』です!
空気が湿っているときは湿気を吸って、
乾燥しているときは湿気を吐き出してくれる、優れモノです。


ビニールクロスに比べて材料費は高いですが、電気代もかからず
何十年と経っても調湿性能は衰えないので結果的にお得なのです。


これなら、梅雨の時期だけに限らず乾燥した冬の季節でも
気持ちのいい空間が作れます。
さらに、アレルギーや喘息持ちのお子さんも安心!
シックハウス対策にもオススメです!





家咲ではせっかくの新築、見た目のデザインにもこだわりたいけど
毎日住む家だから健康の事も気遣った家づくりがしたい。
アレルギーや喘息があるのでシックハウス対策は念入りにしたい。
天然素材にこだわった家づくりがしたい。
・・・そんなお客様の声にお応えして、海の恵『珊瑚』をはじめとする
安心安全の天然素材を使った家づくりをご提案いたします。(ㆁᴗㆁ)♪


割安感に隠れた裏側を冷静に見る

860695_s.jpg


例えば、1つ400円の商品が2つ必要となり買い物に行ったところ、3つ買うと1000円という特価売りをしていたら思わずその割安感に飛びついてしまいませんか?


しかし、もし余分に買ったもう1つは必要なかったとしたら、200円無駄な出費をしてしまったことになります。


また、同じ食品でもお店によって価格設定が違ったり、日によって価格設定が違ったりするため、少しでもお得な買い物をしようとわざわざお店をハシゴしてしまうことはないでしょうか?


しかし、その場合も100円お得に買い物をするために100円以上ガソリンを余分に使ってしまったとしたら、それは決してお得な買い物をしたとはいえません。


このような価格のトリックは私たちの冷静な判断力を鈍らせてしまうわけなのですが、家づくりにおいても同じように価格のトリックが私たちの冷静な判断力を鈍らせ、逆に高い買い物をさせてしまいます。




2780756_s.jpg


例えば、中庭がある延床面積25坪の平屋を建てるとしたら、その家の坪単価は消費税まで含めると引き渡し価格で約70万円前後になります。
(中庭は延床面積には含まれませんが、中庭の工事費用は価格には含まれます)


一方、中庭がある延床面積30坪の平屋を建てるとなると、その家の坪単価は約65万円前後となり、先程よりも約5万円ほど坪単価が安くなります。
もちろん、全く同じ条件で家を建てると仮定してです。


つまり、坪単価は家の面積が小さくなればなるほど割高となり、家の面積が大きくなればなるほど割安ということになるのですが、坪単価に価格の比重を置いてしまうと大切なことを見落としてしまうことになります。


25坪の家は、坪単価は70万円するかもしれませんが、家の総額は1750万円です。
それに対して30坪の家は坪単価は65万円と25坪の家と比べて5万円安くなるかもしれませんが、家の総額は1950万円と200万円高くなります。


この場合、もしあなたが家にかけていい予算が1750万円だったとしたら、あるいはあなたにとって十分な広さが25坪だったとしたら、わざわざ予算を上げてまで家を大きくすべきではありません。


もし200万円予算が上がったら、そしてその予算を住宅ローンでまかなうとしたら、さらに金利が加わることになるので、あなたの予算は240万円上がることになります。


そして、これはあなたが家以外のことに自由に使えるお金が240万円減ったということでもあります。




353237_s.jpg


また、割安感とは違う話になりますが、土地に関しても無駄に広い土地を購入する必要はありません。


というのも、もしあなたにとってちょうどいい土地の広さは50坪であるにもかかわらず何らかの理由によって60坪の土地を買ってしまったとしたら、その10坪分、出費が増えてしまうからです。


もし、坪単価が20万円だとしたら、200万円予算がアップしてしまうことになるし、家同様、金利まで含めると240万円予算がアップしてしまうことになります。


しかも、土地の場合はその増えた面積分"庭"の工事予算までもアップしてしまいます。


その上、家が大きくなれば電気代も高くなりやすいし家も土地も広くなった分、固定資産税も高くなってしまうことになります。


つまり、生涯払い続ける2つのランニングコストが高くなってしまうというわけです。




2693762_s.jpg


家づくりをするときは、どうしても金銭感覚がマヒしてしまいいとも簡単に予算が上がってしまいます。


ですが、その上がってしまった予算のしわ寄せは遅かれ早かれ、確実に家以外のところにやってくるものです。


目先の割安感に惑わされないよう、また、金銭感覚の麻痺にならないよう常に冷静に予算とのバランスを見ながら家づくりを進めていただければと思います。(ㆁᴗㆁ)♪