旗竿地が気になった時に注意すべきポイント

旗竿地の注意点
1674021_s.jpg


土地にかけられる予算がある程度決まり、希望の地域中心に土地を探し始めると思った以上に土地がないことに驚かれるでしょう。


予想以上の難しさにめげそうになることもあるかもしれません。


そんな時に救いに見えるのが、坪単価が生計地よりも安い「旗竿地」です。


しかし、坪単価の安さに惹かれて購入すると、
住んでから「こんなはずじゃなかった・・・」
・・・と、なってしまうかもしれません。


図1.png


旗竿地は、文字通り旗竿のように細長い敷地で、道路と面しているのでその細い敷地部分は駐車場や通路として利用することになります。


法律上は、道路に2m以上接していればいいことになっていますが、2mの場合、軽自動車を停めるだけで幅に余裕がなくなってしまいます。


車を複数台所持している場合は縦列駐車になるので、出し入れが不便です。


さらに自転車も使用する場合、車の横の通路に余裕がないと車をこすってしまう可能性があります。


また、旗竿地は億待っている場合が多いので日当たりが悪い場合も多く、隣地も近い為プライバシーや騒音で悩みが発生してしまうケースもあります。


デメリットも多い旗竿地ですが、デメリットをしっかり理解して住んでから後悔のない土地選びをすることが大切です。




土地の予算を抑えるために旗竿地を選ぶ時の注意点
2605916_s.jpg


旗竿地のメリットは、やはり坪単価が周辺の土地と比べて割安になることです。


将来に預金を残しておきたい、住宅ローンの借入額が限られるなど、土地の予算を抑えたいため、旗竿地を選ぶ場合は以下の項目をチェックするようにしましょう。


ライフラインをチェック


新築の家を建てるときは、近くの水道管から水を引くための配管を工事したり、電線から電気を引き込むための工事をしたりと、ライフラインの整備が必要になります。


旗竿地の場合、建物が道路から離れている場所に建てる場合が多いため、場合によっては、この工事に費用がかさんでしまうことがあるので下調べをしておきましょう。


道路の幅をチェック


旗竿地の通路部分の土地が狭いと、重機の搬入が困難になり、手作業をしなければならなくなるケースがあります。
その場合、工事費用がかえってかさんでしまいますので、事前に施工会社に確認しておきましょう。


本当に家(上物)の費用が抑えられないかを調べる


耐震性、気密断熱性、間取り上の不可欠な要求を叶えていった結果、どうしても費用が抑えられないと判断されたことから土地の費用を抑えるという選択をする方もおられます。


しかし、同グレードの家を希望した場合でも、見積額は施工会社によって違います。


ハウスメーカーや工務店など、いくつかの施工会社に見積もりを依頼することをおすすめします。


別の会社で見積もりを取ると、建物の費用が抑えられ、土地にかけられる金額が増えることもあるかもしれません。




土地を決める前に、施工会社に相談を
2650450_s.jpg


旗竿地でも、お施主様の希望通りの生活が成り立つかどうかは家づくりのプロが一番よく知っています。


特殊な形状の土地が気になったら、
ぜひ「この土地にはどんな家が建てられますか?」
施工会社に聞いてみましょう。(ㆁᴗㆁ)♪

来客が多い家で気を付けておきたい3つの事

3185405_s.jpg


「お客さんが来ることが多いのですが、家の間取りで何か気を付けておいた方がいいことは何かありますか?」


確かに、お客さんやお友達がよく遊びに来たり、定期的に親族が集まる場合もありますよね。


そこで今回は、来客が多い家を作るときに意識しておきたいことを3つご紹介したいと思います。




玄関近くのコート掛け
1281051_s.jpg


お客さんが多い家で意外に気になるのが、上着をどこに置くのかということです。
コートやジャンパーなどの上着を着ることが多い冬はもちろん、春や秋も肌寒い日は上着を羽織ることが多いですよね。
でも、家の中まで上着をずっと着ているという人はほとんどいません。
そのため、上着はどこかで脱ぐ必要があります。


上着を脱ぐときに重宝するのが、上着をかけておけるコート掛けです。


特に、上着を掛けられる場所が玄関の近くにあると、家に入ってもすぐに上着を脱ぐことが出来ますし、上着についた花粉などもリビングまで持ち込まなくて済むのでとても重宝します。


コート掛ける作る場合のポイントは、玄関から直接見えない場所にコート掛け専用の収納を作るのがポイントです。


さらには、上着の下に大きな荷物やカバンも一緒に置けるとさらに良いですね。
もちろん、来客がいないときは家族のコート掛けとして使うこともできます。


一方、コート掛けがない場合はどうなるでしょうか?


コート掛けがないと部屋の中に上着を置くことになり、お客さんの人数が多いといたるところに上着が置かれることになりますし、部屋をきれいにしていても上着がたくさんあることで部屋も散らかっているように見えてしまいます。


そのため、専用のコート掛けを作れない場合でも、リビングの入り口などお客さんが使いやすい位置にコート掛けを置けるようにしておきたいですね。




お客さんが手軽に使える手洗い
3199315_s.jpg


お客さんが多い家であると便利なのが、洗面所とは別の手洗いです。


トイレに立ったら必ず手を洗いますし、何かを食べるときなんかにも手洗いがあるととても便利です。


手洗いを設ける場所としては、玄関からリビングへ行く間や、トイレの近くに手洗いをつけられるとベストですが、どうしても手洗いを付けられる場所がない場合はトイレの中に手洗いをつけるという方法もあります。


来客が多いと、さすがにトイレのタンクでしか手を洗えないのはちょっとストレスに感じてしまうこともあります。


また、手洗いを設ける場合は、既製品の手洗いセットをつけるのではなく、造作で手洗いを作ると雰囲気が出るようになります。


手洗いくらいだと、既製品と造作でそこまで大きな金額の差は出ないので、造作の手洗いも選択肢に入れておきたいですよね。


その他、洗面所を通ってトイレに行く間取りになる場合もあります。


その場合、洗面所はできるだけ収納を多くするなど生活感が溢れないように。
また、洗面も既製品の洗面台というよりも、できれば少し手を加えたものを使えるとベストですね。




生活感のある場所を通らない動線
3355768_s.jpg


これは家の設計段階でよく考えておかないといけないことですが、キッチンや洗面など生活感のある場所へお客さんが通らなくて大丈夫な動線にするのも、来客の多い場合は重要となってきます。


例えば、トイレに行くたびにキッチンの中が丸見えになってしまうとなんだか落ち着かないですよね。


特に北川道路の家に多いですが、玄関からキッチンを通ってリビングという間取りの場合、間口の広さでなどで仕方がない場合もありますが、トイレに行くたびにキッチンの横を通るという間取りになりやすい傾向があります。


お客さんにとってもキッチンの中は見たい場所ではないので、気を遣ってしまいますよね。


そのため、できるだけキッチンが丸見えにならないように配慮しておくのがポイントになってきます。


このようにお客さんが多い家の場合、キッチンや洗面所など生活感が溢れる場所へお客さんが行かないような間取りにしておくのが重要なんですね。




まとめ
494008_s.jpg


今回は、お客さんが多い家で気を付けておきたいことを3つご紹介しました。
お客さんがめったに来ないというお家だとそこまで気にする必要はありませんが、よくお友達や来客があるお家だと、この3つを意識するだけで家の印象はとても変わりますし、とても使いやすい家になります。


家の住み心地とおもてなしが両立した家になるんですね。


お客さんが多い方は、ぜひこの3つを取り入れてみてください(ㆁᴗㆁ)♪


嘉川に咲いた自然素材の白い家、完成見学会を行いました!

山口県山口市嘉川にて5月16日、17日の2日間、完成見学会を行いました!

今回はコロナウィルス感染拡大防止対策のため、完全予約制で1時間毎に時間を区切り6組のお客様をお迎えしました。

アレルギー体質にお悩みのお客様には自然素材の効果、
資金にお悩みのお客様には正しい資金計画の進め方、
土地をお探しのお客様には土地探しのポイント、
などなどゆっくりとお話をさせて頂き、有意義な見学会となりました。

ご縁を頂いた皆様が、これから素敵な家を咲かせていただけるよう引き続きお手伝いをさせて頂ければ幸いです。


見学会にご協力いただいたお施主様、ご来場いただいたお客様、ありがとうございました!!

かんせいけんがくかい.png

LINE公式アカウント、できました!

このたび、LINE公式アカウントを開設しました!(*^-^*)


簡単登録、お電話不要!
イベント情報の最速配信や、
資料請求やイベントの参加申し込みがラクラクできちゃいます。


1:1トークで建築士に直接相談することが可能に。
しかも、24時間いつでも連絡できます!(*_*)
(返信は営業時間の8:00~17:00になりますのでご了承ください)

お客様はLINEで情報を受け取ることができますが、家咲側は1:1トークを始めない限り個人を特定することができませんので、しつこい営業行為は一切行いません。


お知らせが不要になれば簡単にブロックすることができます!(^^)!

↓お友だち追加はこちらから↓



ぜひご登録ください(^O^)/

S様邸社内検査を行いました!



S様邸の社内検査を行いました。


社内検査って何?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
社内検査とは、工事が終わった後に家咲が行う検査のことです。


お客様に確認いただく前に、チェックリストを用いて社員全員で
建物全体を細かくチェックしていきます。


プロの目線、女性の目線・・・と、さまざまな目線で徹底的にチェック( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )!


ぶろg.png


来週末はいよいよ完成見学会!


まだまだご予約は受け付けておりますので、
お気軽にお問合せ・お申込みください(ㆁᴗㆁ)♪



明るく開放的な家にするための工夫

YAT923_6_TP_V.jpg
誰しもが、太陽の光がたっぷり入ってきそうな方角には
大きな窓を作りたいと思うものです。


そして、実際家を建てるときにはより家が明るくなるようにと
太陽の光が期待できる方角に少しでも大きな窓を
少しでも多く作られることでしょう。


しかし、残念ながら外から見たとき、
大きな窓がたくさんあって明るそうだな~と感じるお家のほとんどは、
家の中はそのイメージと裏腹に
薄暗く閉鎖的な空間であるのが現実です・・・


では、なぜそのようになってしまうのか?
そして、その悲しい現実を回避する方法について
今回はお伝えしていきます。





この秘訣を知っておくことは、
明るくて開放的なリビングダイニングキッチンを実現するために、
欠かせないことなので、ぜひ参考にしていただければと思います。





外から丸見え問題
PB256850o_TP_V.jpg


南側が開けている土地に家を建てる場合、
南側には大きな窓を作ります。
しかし、そのような土地は、
外から家の中が丸見えになってしまうという
問題を抱えることになってしまいます。


それゆえ、その問題を解決すべく
丸見えとなる窓の全てにカーテンをつけます。



しかも、レースカーテンで、
その丸見えを完全に防ぐことが出来るのなら
それほど家の中は暗くなりにくいのですが、
現実は、光を通すレースカーテンだけでは、
依然、家の中が丸見え状態となってしまうため、
ドレープカーテンまで閉めてしまうことになります。


また、太陽の直射日光が暑すぎたり、
眩しすぎるためドレープカーテンどころか
窓のシャッターまで下ろしてしまっている家すらあります。


こうなると、家の中に
太陽の光がほぼほぼ入ってこなくなってしまいます。



そして、家の中が薄暗くなってしまい、
結局家の中を明るくするために
朝からずっと電気をつけてないといけない
家になってしまう
というわけです。




窓に本来の役割を果たしてもらわないと、明るく開放的な家にはならない!
crowncat131_TP_V.jpg


ということで、
明るく開放的なリビングダイニングキッチンにするためには、
ずっとカーテンを閉めっぱなしにしておくような窓は
絶対に作らないようにしなければいけません。



つまり、外から丸見えにならないような
間取りの作り方や窓の作り方をしないといけない
、というわけです。


このような工夫が出来れば、
窓から外を見たり感じたりすることができ、
結果、中と外がつながっているように感じるため、
圧倒的な広がりを感じることができます。


また、家の中から窓を通して、
空を眺めることが出来るようにもなるので、
家の中に居ながら贅沢な気分で過ごすこともできるようになります。


なにより、一日を通して光が安定的に室内に入ってくるため、
安定した明るさを保ち続けることが出来るようになります。



家の中に光をもたらすことは、
窓が担う大切な役割の1つです。
そして、家づくりで大切なことの1つが、
この窓にしっかり役割を果たしてもらうことです。


この結果、安定的に明るくて
開放感あふれる住まいが出来上がります。


ということで、
外から見たら明るくて開放感があるように見えるのに、
いざ、中に入ってみると、
薄暗くて閉鎖的な家にならないようにするためにも、
この真実について理解しておいていただければと思います。(ㆁᴗㆁ)♪