地鎮祭って何?必要ですか?



地鎮祭とは
81b37771db87cc688bc767492d90d7b2_l.jpg


地鎮祭とは、土木工事を行う際や建物を
建てる際に、神様に工事の無事や安全と
建物や家の繁栄を祈る儀式のことを言います。


もっと簡単に説明すると、


元来、「人間が神の領域に足を踏み入れる」ようなとき、
その土地に宿る神々に
「これからココを使わせていただきます。よろしくおねがいします。」
といった挨拶をしつつ、同時に「新築工事の安全祈願をする」



という意味合いが込められている儀式です。


お供え物をし、祝詞を挙げ、お祓いをして浄め、
施主が初めてその土地に鍬(くわ)や鋤(すき)を入れます。


もともとはその土地の氏神様を祀っている
神社が地鎮祭をしていましたが、
近年では氏神、産土神、鎮守の神が同一視される
ようになってきており、最も近い神社に依頼する
ことが多くなってきています。




地鎮祭の日取り
d4adbd0a90468f60a674fdd9b07c3b66_m.jpg


地鎮祭は慣例的には吉日を選んで行われることが多いようです。
地鎮祭の日取りを決める際にいわゆる、
「地鎮祭の吉日」とされるのは、
大安、先勝(または友引)の日です。

施主と施工会社で相談の上、
大安または先勝(または友引)の日を選び、
午前中に行います。


神社への予約、飾りつけ等の手配や準備は
施工会社に依頼するのが一般的です。
出席するのは、施主、施工会社、工事関係者、神職です。




地鎮祭ってやらないとダメですか?
7171867273b37059d53dcf35f08b6a8d_s.jpg


地鎮祭はやらなくてもいいの?
という声も時々聞かれます。
もちろん、地鎮祭をやるかやらないかは
施主様の自由です。


初穂料(神主様に払う謝礼)などがもったいない、
家具の購入費用に回したいなどの理由で
近年はやらないことも多いと聞きます。


家づくりの過程では様々な不安があります。


土地の氏神様に安全を祈願することで、
目に見える不安、目に見えない不安、
全て神様にお預けしたと考えてはいかがでしょうか。


やらなくて後悔することがあっても、
やってみて後悔したという話を聞いたことはありません。


ご家族で集まる記念の行事としてとらえられても
良いのではないでしょうか?(ㆁᴗㆁ)♪