家咲オリジナル間取り「IESAKU_MADORI」が初登場!


間取りバナー.png

家咲では、1級建築士がお客様から理想の暮らし方をお聞かせいただき、
一軒一軒間取りを作成しています。

現在の生活から、30年、40年先の将来のことまで。
ご家族の夢をイメージし、プロとしてのアイデアや、
これからの時代に必要なものを加えながら楽しくカタチにしていく
これが家咲が手掛ける家づくりのスタイルです。

IESAKU_MADORIでは、これまで数多くのお客様からいただいた
ご要望をもとに、人気の間取りを厳選。

これからの時代に必要となる要素を加えた
家咲だけのオリジナル間取りをご紹介します。

詳細は上部バナーからご覧ください!!(^^)!


平屋を建てる上で注意すべき最大のポイント


より耐震性と耐久性に優れ、より使いやすさと住みやすさにも優れた平屋を
実は2階建てよりもコストを抑えながら建てられるということ。


かつ、平屋にすることでメンテナンスや将来の増築といった
ランニングコストをも最小限に抑えられるということ。


さらに、そんな平屋がみんなが2階建てを建てるために買っている土地で
十分建てることができるため、土地代に余分な予算も全くかからないこと。


しかし、そのメリットを全て享受するためにはあることに
注意しておかなければいけません。


では、そのあることとはいったい何のことでしょうか?




平屋のデメリット
2150450_s.jpg


平屋にした場合、全ての部屋が1階につくられることになります。
また、土地を無駄に広げないということは、
敷地いっぱいに有効活用するということになります。


この場合、平屋が引き起こしてしまうデメリットとしては、
日当たりが良い土地の場合であれば、リビングや各居室が
すべて外からの視線にさらされてしまう・・・(丸見えになってしまう)


その視線を遮るためすべての大きな窓にカーテンを設置し、
しかも、ずっとそのカーテンを閉めっぱなしにしてしまいます。


大きな窓は防犯的に不安だし強風の時も不安だからと、
それらの窓全てにシャッターを設置するようになります。


そして、その結果家の外観もあまり美しくなくなってしまいます。


4195440_s.jpg


日当たりが悪い土地であればたとえ大きな窓を作ったとしても、
家の中が全く明るくならない可能性が高くなってしまいます。
隣の家との距離が十分に取れないからです。


となれば、せっかく家を建てたのに家の中が薄暗くなってしまい、
大きな窓をたくさんつくっているはずなのに、
朝からずっと電気をつけていないとダメな家になってしまいます。


ですから、平屋を建てる上で大切なことは、
この丸見えと薄暗さの両方を解決するということです。




プライバシーと明るさを両立させる


プライバシーと明るさを両立させるということが非常に大切です。
たとえ日当たりが良い土地であろうと、日当たりが悪い土地であろうと、一切関係なく。


そのためには、光の採り込み方をその土地に合わせて工夫する必要があります。


4206720_s.jpg


日当たりが良い土地の場合、
決して、必ずしも一番南に窓をつくることが正解ではありません。


むしろ、カーテンやシャッターだけでなく目隠しなどまで必要となり、
それだけの余分な出費を招くのだとしたら、
間違いといっても過言ではないかもしれません。


4320605_s.jpg


日当たりが悪い土地の場合、
決して必ずしもリビングを一番南に配置するのが正解ではありません。


むしろ、隣の家との距離が十分に空いていない場所にリビングを配置するとしたら、
ほぼ確実に光を遮断してしまうことになるので、
100%間違いであるといっても過言ではないでしょう。


設計は、その土地が与えてしまうであろうデメリットを解決し、
その土地のメリットを最大に生かすためにあるものなのです。


つまり、設計士が通念上の常識にとらわれることなく、柔軟な発想で
その土地に合わせて設計することさえすればどんな土地でも
プライバシーと明るさを両立させた家を建てることができるというわけであり、
それが住みやすい家を作るにあたって最も大切なことなのです。(ㆁᴗㆁ)♪




耐震・制振・免震の違い



「耐震構造」「制振構造」免震構造」
という3つの構造形態があるのをご存じですか?
今回は、それぞれの特徴をご紹介します。


耐震構造
2212318_s.jpg
耐震構造:建物の堅さと強さで地震に抵抗する構造


・地震の規模によっては主架構(柱・梁・壁)に損傷を生じる。
・大地震の時には建物全体にわたり損傷の程度を調査し、可能な限り修復を行うことになる
・建物の揺れは、他の構造に比べて大きくなる。
・グレードに応じた経済的なコスト設定が可能。
・コストを抑えるには、バランスよく壁などを配置することが重要




制振構造
884044_s.jpg
制振構造:建物内に配置したダンパーで、地震エネルギーを吸収



・ダンパーが地震エネルギーを吸収し、建物重量を支える主架構の損傷を抑える。
大地震に主架構の損傷をゼロにすることも可能。
・大地震後にも基本的にダンパーの交換は不要。
性能が低下したことが分かった場合は、補修・交換することで、地震前の状況に戻すことが可能。
・耐震構造に比べ、風揺れや地震時の揺れを小さく抑えることができる。
・耐震構造に比べ、ダンパーの効果により建物の層間変形は小さくなる。
・建設費に占めるダンパー費用の比率は小さく、経済的に高い耐震性能が得られる。
・ダンパーを適切に配置できる平面計画が重要。




免震構造
1135899_s.jpg
免震構造:アイソレータで浮かせ、ダンパーで地震エネルギーを吸収


・免震層のダンパーで地震エネルギーを吸収し、建物に損傷を与えない。
・大地震後にも基本的にダンパーの交換は不要。
・耐震、制振構造に比べ、建物の揺れは小さくなります。
・免震層は数十cmの変形に追随することが必要ですが、駐車場等に利用可能。
・耐震、制振構造に比べ、建物の層間変形は小さくなる。
・初期設定費はやや高めとなりますが、高い耐震グレードを達成するには他の構造より経済的。
・自由度の高い建築計画が可能。




いかがでしたか?
地震に対する備えも、様々な方法があるんですね。
次回もお楽しみに!(ㆁᴗㆁ)♪




2021年1月24日 知らないと損する?はじめての家づくりセミナーを開催しました!

終了後PDF.jpg

家づくりの超基本的な知識や最新情報をお届けしている、
「知らないと損する?はじめての家づくり1Dayセミナー~超入門編~」
を開催いたしました!


家づくりの正しい進め方や住宅ローンのメリット・デメリット。家づくりにかかるお金や、土地探しで気を付けること・・・などなど、たくさんのことをお話しさせていただきました。今回は「コロナウイルス」が金利にどう影響するのか、また、「シックハウス症候群」についてといった前回にはなかった情報もぎっしり!素敵なご家族にお越しいただき感謝しています( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )


今回ご都合が合わなかった方、気にはなっているけれど・・・といった方々もぜひ!
来月2月のイベントはお休みとさせていただきますが、個別のご相談や個別のセミナーは随時受け付けておりますのでお気軽にご連絡ください!


イベントに関してのお問い合わせ、ご要望等ございましたらお気軽に「お問い合わせフォーム」からご連絡下さいませ( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )

畳が香る和の空気



retoro13.jpg


古民家をリフォームした住宅に住んだり、古民家カフェが流行っていますね。
でも客間として和室を構える住宅は今では少なくなってきています。
しかし、畳の醸し出す『和の空気感』を新築住宅に取り入れたいと考えている人は多いです。


6畳以上の和室を設けるのは間取り上難しいという場合、
畳コーナーという選択肢があります!




和室と畳コーナーの違いは?




畳を敷いている和の空間が1つの部屋として独立している場合を和室といいます。
畳コーナーは、リビングなどのフローリングの部屋の一角に、畳を敷いたスペースを作り、壁などでフローリング部分と畳部分を仕切ります。


畳部分だけ一段高くなっている、小上がりにする方も多いです。


小上がりにすることで腰かけてくつろいだり、ちょっと横になれたりと、とても便利です。
また、下に収納を設けることもでき、収納スペースが確保できます。




和室や畳コーナーのある家を作りたいとお考えの方は、
家咲までお気軽にご相談ください!(ㆁᴗㆁ)♪




新築住宅の種類

山口県で新築住宅を購入する場合、住宅には大きく分けて2つの種類があり
『建売(たてうり)住宅』『注文住宅』のどちらかになります。
一般的に購入価格は建売住宅のほうがお安くなっています。
詳しく説明していきますので、あなたにとってどちらの建物が適しているのかを
確認してみてください。


S__13934594.jpg


1.建売住宅

建売住宅とは、モデルルームや完成している建物を見学して、
気に入った物件に申込み、契約後に引き渡しを受けることです。


・建売住宅のメリット
住宅の間取りや設備、仕様もあらかじめ決められています。
そのため、購入価格は明確です。
また、完成しているので実物がチェックでき、
仕上がりのイメージが付きやすいのが特徴です。
さらに、建物と一緒に土地もセットで購入できるため、
安価にマイホームを手に入れることができます。
さらに、すでに出来上がっている建物を購入するため、短期間で入居できます。
そのため、マイホームを買うときに
「できるだけ手間・時間をかけずに価格も抑えたい」
と考えている人にオススメです。


・建売住宅のデメリット
プランが確定しているため、アパートやマンションと同様に機能性や
ライフスタイルを家に合わせる必要があります。また、同じ分譲敷地内で
同じような外観の家が並ぶため、変わり映えのない建物に見えてしまいます。
物件を購入するときには完成しているため、構造や壁の内部などを
確認することはできません。場合によっては外観はキレイであっても
内部で手抜き工事をされている可能性もあります。




2.注文住宅

注文住宅とは、建築士やハウスメーカーなどに設計を依頼し、
施工会社に建築してもらう家のことです。
設計と施工を同じ会社にまとめて依頼する方法もあれば、
設計と施工管理を建築事務所に委託して、
実際の施工は地元の工務店などに発注する手法もあります。


・注文住宅のメリット
注文住宅の最大のメリットは、自由に企画・設計ができることです。
あなたの好きな場所でこだわりの住宅を実現できます。
間取りはもちろんのこと、壁紙やドアの種類まで好みのものを選ぶことが出来ます。
ただし、最低限の企画は決まっているため、その中から選びます。
(大手のハウスメーカーの場合、建物のデザインや構造が
パターン化されているため、どれも同じような見栄えになってしまいます)
また、ゼロから設計して建築していくため、施工の過程を細かくチェックできます。


・注文住宅のデメリット
建物が建つまで図面やサンプルなどをもとにプランを構築していくため、
素人では仕上がりのイメージがしづらいです。
そのため、マイホームが出来上がった後に「イメージと違う」という
問題が発生する可能性があります。
実例やショールームなどを見学して、事前に納得のいくまで
確認することをお勧めします。

また、家を建てる土地が既に決まっている人であれば問題ありませんが、
新たに土地も購入する方の場合、注意が必要です。
土地の購入と注文住宅の建築を同時に進めなければいけないからです。




これらを踏まえたうえで、あなたにとって適している住宅を
選択するようにしましょう!(ㆁᴗㆁ)♪

Q.「諸費用」って何でしょう。

今回は、家を新築するときにかかる費用のうち、
本体の費用を除いた他の費用について触れてみたいと思います。


施工会社が一般的に「諸費用」というこの費用、
決して侮ることはできません。
新築前に学んで、対策に役立てていただければ幸いです。




家を建てるときの本当の費用とは?


先週、わが家のポストにとある工務店のチラシが入っていました・・・
そのチラシには、注文住宅としてはとても魅力的な金額が並べられていました。
期間限定価格とのこと。
私は、どの会社さんも企業努力しているんだなぁ、なんて思いながら眺めましたが
新築を考えている人が見たら、きっと頭の中で月々の支払額を計算するでしょう。


すぐに、
「これならいける!」
と思うのは危険です。


家を建てるときにかかる費用は、この建物の本体価格以上に
付帯工事費用と諸費用が必要なのです。


つまり、残念ながらこのチラシの値段では家は建てられません。
では、家を建てるには、実際いくらかかるのでしょうか。


諸費用と付帯工事費用をまとめてざっくり表現すると、
本体以外にかかる費用、といえます。




「諸費用」込みの総費用の目安


「いろいろ資料を見たけど、家を建てるのにいくら必要なのかさっぱり分からない!」
そういう場合は、この数式で目安の金額を出すといいかもしれません。


(土地購入費+本体価格×1.2)×1.1=総費用の目安


注文住宅の付帯工事費用は本体価格の15%~20%が目安だといわれています。


また諸費用は土地購入費と建築費(本体価格+別途工事費)を合わせた値段の6%~10%が目安です。


この数式は上限の20%と10%に合わせていますので、
例えば土地購入費が700万円で本体価格は1,500万円の場合、
総費用の目安は2,750万円。


つまり2,750万円、用意すれば足りる可能性が高いことが分かります。




付帯工事費用とは?


本体価格に含まれるものはハウスメーカーや工務店にもよりますが
基礎工事といわれるものから木工事といって建物本体を作る工事、
サッシ・ガラス工事などの窓を取り付ける設備工事、
コンセントや照明の配線を調える電気工事があります。


一方、付帯工事費用に含まれるものは本体工事費以外の項目です。


先ほど触れましたが、付帯工事費用は本体価格の15%~20%が目安です。


地盤が軟弱だったり、公道から離れた場所や住宅地以外であったりすると
基礎補強工事関連費用や引込み工事関連費用などが多くかかる可能性があります。


付帯工事費用とは、具体的に言うと下記のような工事にかかる費用のことを言います。

<主な付帯工事費用の一覧>
・基礎補強工事関連費用:地盤改良が必要な場合などにかかる費用
・引き込み工事費用:水道管やガス管を敷地内に引く際にかかる費用
・エクステリア工事関連費用:門扉や庭などにかかる費用
・屋外電気工事:駐車場の照明や外にある水道を取り付けるための費用
・インテリア関連費用:カーテンレールなどを取り付ける費用
・電設工事関連費用:エアコンなどを取り付ける費用
・解体工事費用:家を解体して新たに立てる場合に必要な解体費用



ハウスメーカーの場合は付帯工事費用という項目のみで、
内訳は明らかにされないことが多いようです。


何が含まれているのかはその建築業者によりますが、1割前後の額を想定しておけば
それほど差はないのではないかと思われます。




注文住宅を建てる場合の諸費用


建売住宅やマンションではかからず、注文住宅を建てるときだけかかる費用があります。
つなぎ融資関連の諸費用と建築確認申請費用などを含む諸費用です。


「そんな諸費用もかかるとは知らなかった!」という方も多いのではないでしょうか。




では、まずつなぎ融資とは何でしょうか?


そもそも建売住宅やマンションでは手付金を支払った後は引渡時に
1度だけ支払えばそれで済みます。


しかし、注文住宅の費用の支払いは時期が3~5回あるのが一般的です。
ハウスメーカー・工務店にもよりますが、
大きく分けて土地購入時・工事契約時・建物の建設着工時・建設上棟時・引渡時に
支払う必要があるのです。


しかも、多くの金融機関は、
土地購入時と建物引渡時にしか住宅ローンを貸し付けてくれません。


しかし、そうなると着工時や上棟時などに費用を支払えなくて困りますよね。
着工時や上棟・引渡時はそれぞれ建築費用の30%払うことも多いようです。


その費用を自腹で払えない場合には、
つなぎ融資を利用するケースがほとんどであると思われます。




<参考:土地付き注文住宅建設時の流れ>
① ハウスメーカー・工務店選び
② ハウスメーカー・工務店などによる地盤調査
③ 土地購入
④ ハウスメーカー・工務店と工事請負契約締結
⑤ 設計図の完成・建築確認申請
⑥ 実際の建設
⑦ 引渡し



※②地盤調査は土地購入後に行うこともあります。
すでに所有している土地の場合は③土地購入不要です。
設計事務所に依頼するときは、④の前に別途設計事務所との契約が必要です。




つなぎ融資とは?


つなぎ融資というのは、住宅ローンの提供金融機関が注文住宅などを建てるお客様に対し、
住宅ローンが支払われるまでの間、着工金などの支払いを貸し付けてくれることです。


しかし、ここで注意したいのはつなぎ融資期間中に
つなぎ融資の利子とその諸費用を現金で支払う必要があるということです。


では、その気になるつなぎ融資の利子と諸費用ですが大体いくらなのでしょうか?
下記をご覧ください。




<つなぎ融資の利子計算方法>
・借りたお金×金利÷365×借入日数


<つなぎ融資の諸費用>
・つなぎ融資契約書の収入印紙代
→1,000万円超え~5,000万円以下の場合は20,000円


・金融機関への申し込み手数料
→0円~100,000円


・印鑑証明などの雑費
→1,000円


おおよそ、つなぎ融資の金利は2%~3%。
3,000万円つなぎ融資で借りて、年率3%の金利・借入期間180日とした場合は443,835円。
つまり、つなぎ融資関連費用だけで50万円近くかかることも多いことがわかります。




つなぎ融資以外にも必要な費用


注文住宅を建てる場合には、建売住宅と比べ付帯工事費用やつなぎ融資関連の諸費用が
思った以上に多くかかることに驚いている方もいるかもしれません。


しかし、注文住宅にはこれら以外にも建売住宅にはなかった費用が掛かります。


先ほど触れた建築確認申請費用などの諸費用です。こちらも見ていきましょう。


<その他の注文住宅特有の諸費用>
・工事請負契約書の収入印紙代
→1,000万円超え~5,000万円以下の場合は20,000円。


・建築確認申請費用:建設前に役所に申請する費用
→100,000円~200,000円


・地鎮祭:着工時に神主に支払う費用など
→30,000円~60,000円
大手ハウスメーカーは省略する場合も。


・設計監理料
→数十万円~数百万円
ハウスメーカー・工務店は安く、設計事務所は高いことが多いです。


上記の諸費用だけで20万円以上かかる可能性があるのが分かります。


建売住宅などの場合も、設計料や建築確認費用などは
厳密にいえば代金に含まれているのでしょうが、
引渡時にローンから支払うのと、自己資金から用意しなければいけないのとでは
やはり気構えが違うものです。




通常かかる諸費用と税・保険料


ここまで家を建てる注文住宅特有の諸費用を見てきましたが、
注文住宅も建売住宅やマンションの時と同様に登記費用などの諸費用がかかります。


① 売買契約書の印紙税
→物件価格が1,000万円超え~5,000万円以下の場合は20,000円。


② 金銭消費賃貸契約書の印紙税
→住宅ローン申込みの時に交わす契約書。
住宅ローンの価格が1,000万円超え~5,000万円以下の場合は20,000円。


③ 土地所有権移転登記の費用
→登録免許税として固定資産税評価額(土地部分)に20/1,000。


④ 建物所有権保存登記の費用
→登録免許税として固定資産税評価額(土地部分)に20/1,000。


⑤ 住宅ローン抵当権設定登記の費用
→住宅ローン金額の4/1,000.


⑥ 司法書士代
→上記③~⑤の登記手続きを司法書士に依頼したときにかかる費用。
10万円~20万円程度。


⑦ 固定資産税
→引渡日からその年の年末まで日割りした固定資産税評価額(土地建物)を物件引渡後に支払います。
一定の条件を満たせば新築物件は3年または5年固定資産税が半額になります(軽減措置)。


⑧ 不動産所得税
→物件引渡後に支払う。固定資産税評価額(土地建物)の3/1,000。
ただし平成30年3月31日までの税率。


⑨ 仲介手数料
→中古物件や土地・新築を仲介で買った場合、売買契約成立後に仲介会社に支払います。
金額は(税抜き物件価格×0.03+60,000)+消費税


⑩ 適合証明書発行手数料
→フラット35を利用する場合のみ必要
物件がフラット35を提供する住宅金融支援機構の基準を満たしている、という証明書を発行する手数料。30,000円~50,000円程度。


⑪ 保証料
→住宅ローンを借りるために保証会社が支払う料金
住宅ローン返済が滞った時など万が一のために必要です。
金利を0.2%程度上乗せする方法(利息に組み込む方法)と一括で前払いする方法があります。
一般的には一括前払いのほうが金額は少なくなります。


⑫ 融資手数料
→住宅ローンを借りるために金融機関に支払う手数料
定額30,000円~50,000円や、定率住宅ローン価格の2.16%
(3,000万円借りた場合は648,000万円の手数料)まで金融機関によって金額が異なります。


⑬ 火災保険・地震保険料
→物件の所在地や構造、保険会社によって異なります。
数十万円~百万円単位でかかることも多いです。


⑭ 団体信用保険料
→ほとんどの金融機関は金利に含まれるので諸費用として払う必要はないです。
ただし、フラット35は任意加入のため諸費用として支払う必要があります。
期間や住宅ローンの金額によって異なりますが、
例えば期間35年・元利均等返済・1,000万円借入の場合、
初年度の支払額は35,800円。夫婦ともに加入の場合、2人分支払う必要があります。


⑮ 住宅ローン斡旋手数料
→住宅ローンの手続きを不動産会社にサポートしてもらったときに支払う料金のこと
無料のこともありますが5万円~10万円程度かかるところが多いです。


⑯ 引越し代
→引越し業者・サービス内容などによります。
5万円程度から数百万程度まで人によって様々です。


⑰ インテリア・家具・家電代
→前の住宅のモノをそのまま利用するなどほとんどお金のかからない方のいる一方、
オーダー家具などで数百万単位でかかる場合もあります。


やはりかなりの金額がかかることが分かりますね。
注文住宅独自の諸費用とこれらの諸費用を合わせると
やはり土地建物価格の10%程度は諸費用に掛かる費用として
用意しておいたほうが安心だといえます。


Price.jpg
家咲は、必要な諸費用をすべて含んだ金額でご提案しております。
資金計画や資金についての疑問など、お気軽にお問い合わせください。(ㆁᴗㆁ)♪




「ヒートショック」についての話

2219823_s.jpg


日本のほとんどの住宅は、リビングと廊下や水回り部分を比べると
約6~10℃の温度差があります。


ヒートショックとは、そうした暖かい部屋から寒い部屋、
又はその逆というように温度が急に変化した際に
血圧や脈拍が上昇または下降して心臓や血管に大きな負担をかけること
です。


ヒートショックが最も起きやすいのは冬場のトイレや浴室といわれています。
浴室事故の70%は脳卒中などの循環器系障害によるもので、
・ヒートショックにより亡くなられる方 約17,000人/年
・交通事故により亡くなられる方    約 3,900人/年


ヒートショックで亡くなる人は交通事故死者の約4倍です。


つまり、道路上よりも家の中のお風呂のほうが4倍も危険だということです。




住宅内で温度差が出やすい場所
2178731_s.jpg


住宅内で温度差が出やすい場所は、以下のエリアです。
特に、肌を露出する「お風呂」や「トイレ」では注意が必要となります。
これらの場所を20℃程度の室温へと調節することで、血圧変動のリスクを
軽減することが出来るとされています。


・脱衣所
・洗面所
・浴室
・トイレ
・廊下
・玄関




ヒートショックを予防する2つの性能『断熱』と『気密』
2227619_s.jpg


様々な健康被害を引き出すヒートショックですが、原因はどれも寒い家が
もたらす「家の中の温度差」です。


家の中の温度差が激しい家とは、「断熱性能」と「気密性能」が悪い家のことです。


そうした住宅は家全体を温めるために非常に大きなエネルギーを消費するので、
住人は節約のためにリビングやよくいる部屋だけを温めて、使われない部屋や
廊下、浴室などは非常に寒い状態で放置されます。


こうして家の中で過度な温度差が生じ、ヒートショックの起きる危険な環境が
出来上がってしまうのです。


こうした危険を回避するために住宅を選ぶうえでチェックしておきたいのが、
「断熱性能」と「気密性能」の2つです。


家咲では、家族全員がヒートショックを心配することなく健康で快適に過ごせる
「本物の健康住宅」を建てています。(ㆁᴗㆁ)♪




地鎮祭と上棟式のQ&A




地鎮祭や上棟式の準備は、住宅会社によって異なります。
日程調整から供物の準備など、住宅会社で手配してくれるところもあります。
まずは、住宅会社に相談してみましょう。


:地鎮祭や上棟式の費用は?
1469398_s.jpg


地鎮祭の初穂料・・・2~3万円


初穂料として、のし袋に包んで、儀式終了後に神主さんにお渡しします。
供え物は、通常神社側にそろえていただけます。
費用が分からないときは、遠慮せずに住宅会社か神主さんに問い合わせてみましょう。


上棟式・・・職人さんへのご祝儀代、供物代など10万円程度(以下参照)
※会食をする場合は、全て込みで出席者一人当たり1万円程度。




上棟式は、お施主様にご用意いただくものがいくつかあります。


お供え物
・お酒(一升瓶)
・塩
・野菜
・果物
・魚(尾頭付き、鯛など)


職人さんに渡すもの
・おり
・酒(320㎖程度のもの)
・赤飯
・ご祝儀(相場一人5000円)


どの程度のお酒や折詰がよいのか、餅投げをするかどうかなどは、
施工業者とよく相談して準備するといいでしょう。




:服装について
1875257_s.jpg


地鎮祭は雨が降っていても行う場合があります。
上棟式は、屋根に上ったり、建築途中の家に入ったりします。
キレイな格好だと、汚したり破れたりすることもあります。
普段来ているような服装で構いません。
外で行うので、暑さ、寒さ対策をしっかりしていきましょう。(ㆁᴗㆁ)♪





2020年10月18日 知らないと損する?はじめての家づくりセミナーを開催しました!

イベントPDF.jpg


家づくりの超基本的な知識や最新情報をお届けしている、
「知らないと損する?はじめての家づくり1Dayセミナー~超入門編~」
を開催いたしました!


家づくりの正しい進め方や住宅ローンのメリット・デメリット。家づくりにかかるお金や、土地探しで気を付けること・・・などなど、たくさんのことをお話しさせていただきました。今回は「コロナウイルス」が金利にどう影響するのか、また、「シックハウス症候群」についてといった前回にはなかった情報もぎっしり!素敵なご家族にお越しいただき感謝しています( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )


今回ご都合が合わなかった方、気にはなっているけれど・・・といった方々もぜひ!次回は11月中旬の開催を計画しております。


イベントに関してのお問い合わせ、ご要望等ございましたらお気軽に「お問い合わせフォーム」からご連絡下さいませ( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )